スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めんどうくさがりや

P3153520.jpg

「将来の利益よりも目先の利益に飛び込んでしまう」

我慢ができずに欲望のままに生きる、目先の事しか考えていない人ですね。私のことです。

目の前に嫌なことが訪れると、将来のイメージを想像することを止め、とりあえず逃げる。
そうすると後から2倍3倍にもなって嫌なことが大きくなって帰ってくる。

そういう経験を何度もしていながら変わることができない。

どうしてか。

それは身近なことで、そういう考え方が染み付いているのだと最近考えています。

そう。身近な具体例で言うと、生ごみを捨てることとかそうだと思います。
捨てずにおいておくと、日に日にものすごい異臭に変わっていく。
そのうち捨てるのが苦痛になる。

そういう面倒なことを後回しにすることって案外習慣化してしまっていて、それが自然な自分の考え方に変わってしまっている。


最近、この考え方・習慣は改めなければならないなと思っています。


社会人になり、「目標を立てる」という機会が増えました。
日々の目標。月の目標。半年の目標。年次の目標。仕事以外での目標。
もちろん会社の中での目標は長期的な目標のプロセスでしかありませんが、スパンの短い日々の目標においても、きちんと達成して行かなければ、長期的な目標なんて達成できるはずがありません。
しかしながら、その達成しなければならない日々の目標・日々のタスクに対して、重い・辛い・苦しいことを理由に後回しにしてしまうということは往々にしてあります。

「今日はいっか。明日やろう」とか「いずれ時間が解決してくれるだろう。ほっとこ」とか。仕事だからそんな無責任なことは許されませんが、そういう考えにはなりがちです。人間だもの。


とはいえ、全て自分のためです。

このような考えにならないためには、日々精進し、欲のままに行動しない。
目の前の嫌なことはさっさと片付ける。
将来の雪だるま式に大きくなった嫌なことを想像する。


心の忍耐力とでもいいますか、そういったものを日々鍛えあげていかなければ、達成したい目標も自分の夢も成し遂げることができないのではないかと思います。
スポンサーサイト

信頼を得るということ

“信頼預金の信頼残高が増えれば、思いついたこと、やりたいことを自由に選び取れる状態になる”

「自分は評価されていないと思ったら読む本」小笹芳央著 にはこのように書かれています。


身近なことから信頼を得られるように努めれば、そのうち自分に選択の自由が訪れる。

だから、雑務でも何かを任されたり、当たり前だが、遅刻や欠席をしなかったりすることが必要です。

当たり前のことを当たり前にできる。

まず社会人1年目としては、非常にプリミティブなことが求められるということを近頃感じています。



また、これは私見ですが、「気配り」ということも非常に大切なのではないかと思います。

世の中には自然に気配りができる人と、自然にはできない人がいます。(私は後者です)

常に周囲の状況を観察して、困ってる人、手を貸してほしそうな人にそっと声をかけてあげる。

例え自分の力量の範疇でなく手助けにならなかったとしても、気持ちは伝わります。

人間、やはり他者から何かしら気にかけてもらうと嬉しいです。

その嬉しさから、今度は恩返しをしようと自然に思えます。

そうなると自分がもしも困った状態に陥ったとき、助けてくれる。

Give and Takeですね。

何も助けてらえるように気配りが大事といっているのではありません。

そういったWin-Winな関係が、組織の中に芽生えると雰囲気やモチベーションが変わってくると思います。




明るい職場がいいですね。


ブログをちょいといじりました

テストです。
ブログを少しいじりました。











そろそろブログを更新し始めます。

3度目のお引っ越し

110320.png

社会人を迎え、京都へ向け引っ越しをします。
日通の単身パックとやらで5万以下。
今日その業者さんが我が家に配達荷物を取りに来てくれました。

引っ越しに際しては、よく「あーあれを送り忘れてた」ってことがよくあります。
僕はこれで引っ越しが3回目なのですが、今回も小物で忘れてたものがいくつかありました。

下記は僕がメモ書きしていた家電その他もろもろ。

<主な物>
冷蔵庫
洗濯機
電子レンジ
炊飯器
掃除機
トースター
食器乾燥機

テレビ
空気清浄器
タンス(服)
本×3(ダンボール)
カーテン

電気
テーブル
食器等
洗面器
扇風機
電子レンジ台
布団
(ベッド・プリンターは現地調達)

<小物>
物干し竿(竿というか...あれ)
トイレットペーパー
タオル
体重計
バスケットボール


引っ越し後は荷解きに時間がかかりますが、すぐに必要なものはべつのダンボールに入れたほうがいいです。
例えばトイレットペーパーとか。

あと必ず持参していくべきものはカッター・はさみでしょう。
僕は前回、小さなはさみしかなく素手でダンボールを解体したりしていましたが、結局コンビニに買出しに行きました。

大学卒業を迎えて、初めて一人暮らしをする方も多いと思いますが、初めはいくら想像を膨らませてもやはり不足するものが出てきます。
なので便利なネットで情報を得ましょう。

僕のブログよりも数段情報が多いこちらのサイトがおすすめです。
引っ越しの準備予習ガイド
荷物だけでなくその後の振る舞いについても書かれてあるので便利です。

就職前にしておくこと

就職3

ブログの周辺をいじりました。
はてなブックマークをエントリタイトルの横につけたのですが見栄えが悪いです。笑


さて、企業へ就職するまでのこり2ヶ月を切りました。

よく社会人の方からは「学生のうちに遊んでおきなさい」と言われますが、僕はもっぱら本を読んだり、勉強したりしています。

社会人の方からの助言を否定するつもりはありませんが、
自分が将来どうなりたいのか、何を成し遂げたいのか。逆算すれば今すべきことは正直遊びではないと思います。



もちろん大学で知り合えた友達、地元の友だちとはこれから頻繁に会うことはなくなると思いますので、飲み会や旅行は何を惜しむことなくしようと思います。
大切な友達ですから。


ただそれらを計画的に考え、空いた時間には読書や勉強をします。

就職前に必要なこと、それは地頭を鍛えることだと思います。

就職した後に、何を任せられるかわからない。どんな新しい知識を入れないといけないかわからない。
そんな不確実な将来に今できるリスクヘッジは何にでも対応できる力を身につけることだと思います。
(最近"不確実な将来"という言葉が頻繁に出るw)

地頭は言い換えれば基礎学力、理解力、頭の回転、ロジカル思考力とされていますが、それらが備わっていれば自分の可能性が広がるでしょう。
何事にもベースがしっかりしておかなければ不安定で対応性がありません。
そんなぐらぐらした状態では何かを成し遂げたいと思ったとき、思い切って一歩を踏み出せない。そんな気がします。


そのために最近していることは簡単な論理問題を解いたり、これまで学んだことをゴリゴリ計算しています。
高専時代の先生によく「とにかく手を動かしなしなさい」と言われたものです。
今になってその言葉を愚直に実践しています。



人生は一度きり。

自分の夢、成し遂げたいことを実現するために今はベースを築く。そんなことを考えています。


 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

COUNTS

プロフィール

TOMO

Author:TOMO
高専→大学編入→日系コンサルティング会社勤務。SE職で日々PCに向かい、設計業務を行なっております。休みの日には愛車W400を乗り回し、自然を満喫しに行くこともしばしば。2011年中小企業診断士資格を受験するも玉砕。コーヒーはDeLonghiで飲みます。インド・韓国にバックパックの経験有りです。

趣味:バスケ/バイク/ゴルフ/コーヒー
好きなこと:本屋図書館でぶらつくこと。
好きなもの:モスシェイク
好きなことば⑴:"Stay hungry, Stay foolish." Steve jobs
好きなことば⑵:"夢はでっかく、根は深く" みちを

おすすめ本

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

My Tweets

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
2932位
アクセスランキングを見る>>
[サブジャンルランキング] マーケティング・経営
687位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新コメント

人気ブログランキング

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。